婚活パーティープロフィールの書き方

婚活パーティーでモテる「プロフィール」の書き方・パーティーパーティー版

パーティーパーティーでモテる!「会話がはずむ」プロフィールの書き方

パーティーパーティーのプロフィールカードのイメージ

婚活パーティーでカップリングできるか、モテるかどうかも、ふたりのトークタイムにかかっています。プロフィールカードは、その会話の「ネタ」となる重要なものだけに、失敗しない「書き方」を紹介します。

>>会話が盛り上がるプロフィールのコツ

プロフィールカードの書き方「これがモテる」ポイント3つ

趣味や好きな事は「テッパンネタ」絶対に記入しよう


趣味や好きな事は「テッパンネタ」絶対に記入しよう

パーティーパーティーに限りませんが、プロフィールカードはお互いを知る為の「自己紹介書」です。初対面同士ですから、何を話したらいいのかわかりません。そこで、プロフィールカードが、ひとつの「きっかけ」となります。

誰でも話題にしやすいのが、お互いの趣味ですね。趣味は、あまり、特別な事を書かなくても大丈夫です。「熱帯魚」とか「ホッケー」なんて趣味は、あまり他の人とかぶりませんが、無理をしなくても大丈夫。

ただ、漫画やアニメなどが趣味のオタクで婚活する場合、オタク婚活以外では全力で出し過ぎると全くモテないので注意が必要。

よく「自分は無趣味」という人がいますが、テレビを見ながらボーっとする、なんていうのも、意外と相手の共感を得られる「ひとつの趣味」です。堅苦しく考えず、映画でも読書でも、ありがちなものでも大丈夫です。ただし、必ず、プロフィールカードの趣味欄は埋めておきましょう。

>>会話が盛り上がるプロフィールのコツ

相手が共感しやすいように具体的に記入する


プロフィールカードが何の為にあるか、と言えば、話のきっかけ、ネタにする為です。

【プロフィールカード「趣味」の例文】

・映画鑑賞
・映画を見るのが楽しみです。休日には、見逃した映画や古い映画のDVDを借りたり、海外ドラマなんかを見るのも好きです。

映画が好きです、でも、もちろん、そこから「どんな映画が好きですか」と質問は出来ます。でも、プチお見合いでも10分未満の時間の中で、もっと鮮明に「へぇ、そうなんだ」と興味を持ってもらう為には、ある程度、具体的に、プロフィールカードの趣味を記入しましょう。

映画好きで、DVDを見る、となれば、相手も何かしら、共通点を感じるかもしれません。映画だけなら、「私は特に映画は見にいかない」という相手もいるかもしれませんが、映画だけでなく、休日にDVD見てるんだ、と、思えば、「私も何もない時は、DVD借りにいきますね」「海外ドラマってけっこう話題になってますよね」といったように、話題に広がりが持てる可能性が高まります。

個性を感じて、印象に残る話題を書く


プロフィールカードでは、料理、映画、読書、スポーツ観戦……こうした話題を書く男女が多いようです。そこから、他の人との「差」、個性をアピールしたいですね。相手にとって、トークタイムが終わった後に、強い印象を残せるようなプロフィールカードを書きましょう。婚活パーティーには適した服装があります。ファッションではあまり個性を出せない分、プロフィールカードで自分を出していきます。

具体的に趣味などを書くだけでなく、ちょっとイラストを入れたり、「お料理が趣味です。私のぬか漬け、母譲りの10年モノですよ!」なんて書けば、男性もかなり記憶に残るはずです。料理が趣味、なんていう女性は山のようにいるので、だからこそ、「違い」を出すのがポイントです。

>>パーティーパーティーの趣味コン

パーティーパーティー「タブレット婚活」プロフィールの書き方

パーティーパーティーのタブレット婚活のイメージ

パーティーパーティーで多い「最新タブレット婚活」、この場合は用紙に記入するプロフィールカードと少し違います。

・年齢
・身長
・住所(都道府県まで)
・職業
・休日
・喫煙
・血液型
・兄弟構成
・学歴
・年収
・結婚歴
・飲酒

までが短めで、それぞれ25文字程度入るでしょうか。

・趣味
・自己PR

この2つの欄は少し長めに文章が入ります。

>>プロフィールを事前登録出来るpartyparty

タブレット婚活のプロフィール「書き方」の注意点

タブレット婚活のプロフィール「書き方」の注意点
全て同じに見えるので、なるべく「印象づける」工夫をする

タブレットは画面の構成が全て同じで、当然、文字も一緒です。パッと見た感じでは、すべて似た印象になりがちです。趣味で「料理」などと入れると、それこそ、何人もの女性が同じで、記憶に残づらくなります。書き方のポイントでも挙げたように、「他の人とちょっと違う」ひと言をつけ加えましょう。

自己PRをうまく書こう

タブレット全体のプロフィールカードでは、全員が同じ印象なので、やはり自己PRでいかに相手に気持ちをアピールできるか、が、ポイントになります。趣味は好きな事や休日の過ごし方を具体的に入れ、自己PRでは、婚活に対する真剣度や、異性と楽しく過ごしたい、といったように前向きな気持ちを出すといいですね。

【プロフィールカード「タブレット婚活」の例文】

「少し人見知りするタイプですが、こんな私を連れ出してくれるような男性と出会えたらいいな、と願っています。よろしくお願いいたします」
「アクティブ派です!一緒に遊びに山や川へ遊びに行きましょう!楽しい事が大好きです。真剣なお付き合いを考えているので、どうぞよろしくお願いします」

異性との出会いを願っている事、そして自分の人柄を少し織りまぜながら、ぜひカップルになりたい!という気持ちをアピールしたいですね。

「この人は、婚活に一生懸命っぽいから、うまくいくかも」

相手に期待を感じさせるプロフィールカードにしましょう。

>>会話が盛り上がるプロフィールのコツ

メニュー

最終更新日:2016年11月15日